痩身&脂肪吸引 コラム

脂肪吸引や脂肪溶解注射後に太ってしまったら

脂肪吸引、脂肪溶解注射(イタリアンメソシェイプ)、リポレーザーは脂肪の貯蔵庫である脂肪細胞の数を減らしてしまうため、施術した部位は効果が半永久に持続します。

通常の運動や食事療法のダイエットでは、脂肪細胞の一つ一つを小さくすることはできますが、脂肪細胞の数が減るわけではありません。ですので、ダイエットをやめるとリバウンドを起こしやすくなり、体重の増減を繰り返す方が多いのが現状です。

同じ体重を維持していれば、脂肪吸引、脂肪溶解注射、リポレーザーで施術した部位はずっと細いままでいられることになります。食べ過ぎて太ってしまった場合でも、施術して細くなった部位は、脂肪を蓄える脂肪細胞が少ないため、わずかに太くなるだけで、極端に太くなってしまうことはありません。ですので、きれいなプロポーションを保ち続けることができます。

しかしながら、あまりにも不摂生をして食べ過ぎてしまうと、施術していない部位に脂肪が蓄えられてしまいますので、やはり食べ過ぎはよくありません。

脂肪吸引や脂肪溶解注射は効果が半永久に持続するから、施術を受けた後はどれだけ食べても太らないと思っている方がいらっしゃいますが、それはあくまで施術を受けた部位だけです。ですので、将来的にきれいなプロポーションを保ち続けるためには、食べ過ぎないようにしなければなりません。

一方、施術した後、ダイエットなどで痩せた場合、施術した部位はさらに細くなります。もちろん、施術していない部位も細くなります。

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.