痩身&脂肪吸引 コラム

2016年9月16日更新

[ヒップアップ前編] 毎日の積み重ねで美尻をつくる!

バストと並んでセクシーさのシンボルとされるのがお尻。キュッと引き締まってプリッと上を向いている美尻を目指して、前編・後編の2回で方法論をご紹介します。前編は、自分でできる効果的なエクササイズです。

Point

基礎知識:美尻への近道のために、知っておきたいこと。

  1. いつでもエクササイズ!普段の歩き方
  2. もっと積極的に!ソフト&ハードエクササイズ

基礎知識:美尻への近道のために、知っておきたいこと。

自力でどんどんヒップアップ!の方法をご紹介する前に、まずは基礎知識として、美尻を叶えるために必要な情報をお届けします。

欧米人と日本人のお尻の違いは?

欧米人はお尻の位置が高く、ハリがあって盛り上がっています。その真逆ともいえるのが日本人。お尻の位置が低く、扁平尻(平たいお尻)で、しかも加齢とともに垂れやすいのが特徴です。この違いは骨盤の傾きや股関節の向き、お尻の筋肉の太さなど、主に骨格の違い。例えば欧米人は日本人と比べて骨盤が前傾しており、その分、お尻の位置も高いのです。

理想の美尻とは?

ひと言でいうと…丸くてツンと上を向いた逆ハート型。小さいだけで肉がついていないと貧相に見え、反対にただ大きいだけだと垂れ下がって脚が短く見えてしまいます。

お尻が上がるとどうなる?
  • 脚が長く見える。
  • パンツやタイトスカートがカッコよくキマル。
  • 若々しくハツラツとした後ろ姿になる。
  • お尻が上がってくるとウエストも引き締まってくる。

自分では見えないお尻ですが、ヒップアップにはこんなにもたくさんのメリットが!骨格の問題で日本人はなかなか理想の美尻になりにくいのですが…なんとか頑張っていきましょう!

お尻はなぜ垂れる?

大きな原因とされているのは、お尻の脂肪をしっかり支えるだけの筋力がないこと。つまり、お尻の筋肉を鍛えることでヒップアップ効果が出るのです。また皮膚も大きく関係し、皮膚がたるんでくるとやはりお尻が垂れてきてしまいます。

美尻への道、やるべきことは?

ダイエットはよく「食事」と「運動」が大切、どちらが欠けてもダメ!といわれます。けれどお尻の場合、食事でヒップアップする方法というのは考えにくいもの。食事制限で痩せれば小尻にはなるかもしれませんが、形よくヒップアップするにはやはり運動で鍛えるしかないのです。

Step1.いつでもエクササイズ!普段の歩き方

忙しい毎日で、特別な時間はとれない!という人でも、いつでもすぐにできるのが、歩き方を意識すること。お尻の筋肉にしっかり負荷をかける歩き方をすれば、日常の歩く動作がヒップアップのエクササイズに早変わりするのです。

背中を見せてる女性

[正しい美しいヒップアップになる歩き方]
日本人に多い猫背は、頭から先に歩くことになり、体重がカラダの前に乗っかってしまい、ひざも曲がりやすくなります。これだとお腹からお尻、太ももなど、引き締めたい部分の筋肉があまり使われません。反対に、背筋とひざを伸ばし、お尻の下の方から脚を前に出す感覚で歩けば、しっかりとヒップアップ効果が。そして美しい姿勢で歩くことになり、パッと見の若々しさやハツラツさを瞬時に手に入れることもできます。

背筋を伸ばす→猫背にならない!背筋を伸ばしてさっそうと!
お尻の下の筋肉を意識する→お尻の下の筋肉を意識して、脚と一緒に前へ!
ひざを伸ばす→ひざを伸ばして軽やかに!

Step2.もっと積極的に!ソフト&ハードエクササイズ

ヒップアップ効果のあるエクササイズにはいろいろな種類があり、代表的なのはスクワット。脚を開いて立ち、ゆっくりひざを曲げ伸ばし、お尻を落としては上げるを繰り返す…インナーマッスルを鍛えるのに役立つエクササイズとしても有名なものです。これがツラくて続かない!という方のために、ややソフトなタイプと、もっとハードでも大丈夫!という人のためにやっている時から効いている感大のタイプを、1つずつご紹介しましょう。

[気長に目指す!軽めエクササイズ]
① うつぶせに寝て、ほおづえをつく。
② ひざを曲げ、かかとをお尻に近づけ、左右のかかとを交互にお尻に向かってリズミカルに振り下ろす。
左右で1セットとし、1回20~30セットを2~3回行う。
効果:硬くなっているお尻の筋肉をやわらかくするとともに、歪んだ骨盤をゆるめて正しい位置へ戻していくことでヒップアップ。

[できるだけ早く!ハードエクササイズ]
① 仰向けに寝て、両足を腰幅程度に開き、両ひざを立てる。
② 息を吐きながら、お尻を少しずつ浮かせて上体をできるだけ持ち上げる。
③ 5秒程度そのままキープし、息を吐きながらゆっくりお尻を落として元の姿勢へと戻す。
①~③を1セットとし、5~10セット行う。
効果:お尻の筋肉をダイレクトに刺激してヒップアップ&引き締める。

ソフトエクササイズをウォーミングアップ的に行った後に、ハードエクササイズをすると、さらに効果はアップ。体力に自信のある人は、間にスクワットを加えたトリプルエクササイズにもチャレンジしてみてください。

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.