痩身&脂肪吸引 コラム

2015年12月22日更新

冬太りを上手に回避しよう!②運動編

ごちそう続きの年末年始。食べる&飲むは制限せずに思いっきり楽しんで、なおかつ太りたくない!そんな欲張りな人は、運動によって消費カロリーを上げるしかありません。けれど寒い冬、運動量だって減ってしまいがち。これを何とかする方法を考えてみました。

Point

  1. 心躍る外出の機会を増やす。
  2. ぬくぬくお部屋でエクササイズ習慣。
  3. 普段の動きで運動量を自然にアップ。

Point1 心躍る外出の機会を増やす。

街はどこもかしこもイルミネーションでキラキラ。この時期はイベントだってたくさん。恋人や親友などを誘って出かけましょう。イルミネーションは広い敷地で行われているところを選べば、それだけでかなり歩くハズです。狭い敷地の場合は、何カ所かハシゴしても。高層ビルから夜景を眺めるのも素敵。途中まででも階段で上がれば、その分運動量もアップします。
お正月の場合は、やはり初詣出でしょうか。お寺や神社は階段なども多いので、きっと良い運動になるでしょう。
結局のところ場所はどこでもよいので、自分が楽しめるところへGO!映画館などじっと座ってる系の場合も、帰りにイルミネーション散策を加えるなどしてみてはいかが?

こんな場合はどうする?

夜は寒いからイヤ!だったら昼間に庭園巡りという手があります。屋外全般がイヤなら、美術館や博物館などへ。デパートやショッピングセンターだっていいでしょう。クリスマスプレゼントや年末年始のお土産探しに出かけてみませんか?インターネットで済ませてしまうこともできますが、現物をたくさん一気に見て手に取ることができる。モニター上では得られない発見や楽しさがあると思います。
出不精で外出は極力避けたい!となれば、次のPoint2・3にトライです。

Point2 ぬくぬくお部屋でエクササイズ習慣。

食後10〜15分頃から運動をすると、太りにくくなるといわれています。このタイミングを狙って、ほんの5分10分でいいので、身体を動かす習慣を。ストレッチや足踏み、かかとの上げ下げ、ダンベル運動…場所をとらなくてもできることはいろいろあります。食後はやっぱりホッコリしたいよね!というなら、入浴前後やお休み前などにエクササイズタイムを。テレビを見ながらだっていいでしょう。とにかく1日のうちのどこかで1回、できれば2〜3回。冬は血行が悪くなって肩こりなどの不調も出がちですが、少し身体を動かすだけで体調を整えるのにも役立ちます。

こんな場合はどうする?

わかっていても、エクササイズを習慣にするのは難しい。忙しくて、つい忘れてしまう。そもそも身体を動かすのが苦手…なんていう人、けっこう多いようです。そうすると、残すところはPoint3ということになるでしょうか。

Point3 普段の動きで運動量を自然にアップ。

生活の中で自然に運動量を上げようとするとき、次のようなことがよくいわれています。

  • エレベーターやエスカレーター、動く歩道などを使わない。
  • 通勤・通学、買い物などで少し遠回りをする。
  • 背筋を伸ばして大股で歩く。
  • こまめに掃除をする。
  • 歯磨きや洗い物をつま先立ちで。
  • テレビやエアコンなどのリモコンを使わない。 …etc.

ネットサーフィンしながら時々足首をまわしたり、足踏みするのだってあり。ウエストをひねった姿勢で携帯を使うとか、食卓やパソコンデスクなどの椅子をフィットネスボールにするなど、アイデアはまだまだ出てきます。
こうしたコツコツ運動だって、ちりも積もれば山となる!新たなコツコツ運動を開発する楽しみも加えて、無理なく続けていきましょう。

ご存知ですか?運動と同じ効果のある施術

その名を「カーボメッド」。皮下脂肪に炭酸ガスを注入することで、代謝をアップさせるというもの。つまり、有酸素運動をしたのと同じ状態にしてくれるのです。カーボメットの魅力は、麻酔の必要がなく出血などの心配もほぼないこと。さらには、痩せたくない部分は炭酸ガスが入らないようにするため、細かなパーツ痩せができることにあります。
痩せるということでは、脂肪吸引をはじめ他にもまだまだ効果的な施術がありますが、運動というテーマでご紹介してみました。

食事や運動の自己努力をするも、専門家に任せてラクして痩せるも、あなた次第。とにもかくにも太りやすい年末年始は、せめて現状キープといきたいところです。

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.