痩身&脂肪吸引 コラム

30代から気になる背中やお腹回りのぜい肉

近頃、ダイエットを頑張っても、わき腹や背中、腰にかけてのぜい肉がなかなか落ちない!という声をお聞きします。このパーツのお肉は手でがばっとつまむことができ、後ろから見るとスカートやズボンの上に肉が乗っかっているように見え、とても気になるぜい肉です。

10~20代のときは付いていなかった背中やわき腹のお肉が、30代あたりから付いてきてしまい、いくらダイエットをしても他の部位と比べて、落ちにくいという方が多いようです。

なぜ30才を過ぎるとここのお肉だけは落ちないのでしょうか?
その原因は「老化」です。
人間の体は老化すればどこでも皮膚がたるみ、たるんだ皮膚が下の方にたまります。ですので、上半身全体の皮膚のたるみが腰の上に乗っかり、ぜい肉がそこに付いたように感じるだけなのです。

顔でしたら、顔全体のたるみが頬や顎の下にたまりブルドックのようになってしまいますし、お尻がたるむとお尻の上の方の張りがなくなったり、下の方にたるみがたまります。同じように上半身のたるみはわき腹から背中、腰回りにたまるのです。

30才以上の人が20才の頃と同じ体重・体脂肪率であっても、20才の頃に付いていなかったわき腹から背中・腰のぜい肉が付いているように見えてしまうのです。

それではここのぜい肉はどうすることもできないのでしょうか?
付いている皮下脂肪の量に合わせて、脂肪溶解注射(イタリアンメソシェイプ)や脂肪吸引をすれば、ここのお肉をすっきり取ることができます。軽く手で摘まめるくらいの量であれば脂肪溶解注射を1クール(2週間以上空けて6回)すればすっきりさせることができるし、大量に付いている場合は脂肪吸引でしっかり取ってしまえばかなりすっきりします。
また、この部位の皮膚は厚いため、よほどたるんでいる人以外は大量に脂肪を取っても皮膚がたるんだりすることはまずありません。

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.