脂肪・痩身の知識


脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞があります。白色脂肪細胞でエネルギーを貯め、褐色脂肪細胞で燃焼させる・・簡単に言えば、このような仕組みになっています。適切なエクササイズなどで褐色脂肪細胞を活性化させると基礎代謝が高まり、ダイエットをしやすい体質になっていきます。

脂肪の種類

脂肪は脂肪細胞で蓄積されます。

体の中に蓄積された脂肪を体脂肪といい、皮下脂肪と内臓脂肪があります。皮下脂肪は文字通り皮膚のすぐ下にあり、内臓脂肪は内臓の周囲に溜まっていくものです。

近頃、メタボリックシンドロームで問題になっているのが内臓脂肪です。この内臓脂肪を多く溜めすぎてしまうことが、高血圧や高脂血症などの原因の一つとなるわけです。ただ、内臓脂肪は溜まりやすいのですが、落としやすい脂肪でもあります。この分け方は、体内のどこに脂肪があるかによるものです。脂肪吸引によって取り除くのは皮下脂肪で、内臓脂肪を取ることはできません。

ただ、皮下脂肪の全てを「美容の敵」だと思ってはいけません。皮下脂肪には「体内にエネルギーを蓄えておく」役割がありますし、適度な皮下脂肪は女性らしい優美なたたずまいを生み出す重要なポイントになりますから、やみくもなダイエットは禁物です。

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.