Dr.高須幹弥の痩身講座

2016年8月12日更新

顔の脂肪を取るための、イタリアンメソシェイプと脂肪吸引はどう違う?

顔の脂肪を取りたい患者様のカウンセリングでよくある、以下の質問にお答えします。

  • 顔の脂肪を取るのにおすすめの方法は?
  • イタリアンメソシェイプと脂肪吸引の違いは?


高須幹弥 医師

まず、イタリアンメソシェイプですが、注射をして脂肪を溶かす施術です。1回での治療でもある程度脂肪は溶け、その効果は永久に持続しますが、脂肪がたくさんついている部位などは2週間以上あけて複数回の治療が必要になる事があります。

特に、頬の脂肪を取るにはイタリアンメソシェイプが向いています。

頬は大事な神経や血管が比較的浅いところを走行しているため、脂肪吸引のカニューレでしごくことで、傷つけてしまうリスクがあるためです。さらに、脂肪を取りすぎることで形がおかしくなってしまうこともあります。頬の全面の脂肪を取り過ぎてしまうとハリがなくなり、やつれた顔になってしまったり、頬骨の下の脂肪も取りすぎると窪んで痩せこけたようになってしまう恐れも。そのため、頬の脂肪を取りたい場合は、残すべきところを適度に残せ、取りたい脂肪をピンポイントで的確に取れるイタリアンメソシェイプが向いています。

顔の脂肪吸引は、耳たぶの付け根やあごの裏などの目立たない部位に2mmくらいの小さな穴を開け、直径1.6mmくらいの細いカニューレを挿入して脂肪を吸引します。1回の治療でたくさん取れるというメリットがあります。

また、脂肪吸引は二重あごの原因にもなるあごの裏の脂肪を取るのに向いています。あごの裏は大事な神経や血管は比較的深い所を走行しているので、吸引用のカニューレでゴシゴシしごいても大きなリスクはありません。さらに、あごの裏の脂肪はしっかり取ってもよほどでなければ形がおかしくなることはないので、1回の治療でたくさんとれる脂肪吸引が向いています。

あごの裏の脂肪でも、量がそれほど多くなければ、イタリアンメソシェイプの方が向いている事もあります。時々患者様で、「頬の脂肪を取りたいのだけど、イタリアンメソシェイプより脂肪吸引の方がたくさん取れて得だし楽だから脂肪吸引をしてください」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、上記の理由から、よほど大量に脂肪が付いている方でなければイタリアンメソシェイプの方が向いていることが多いです。

このコラムのポイント

  • 取りたい脂肪の量や部位によって向いている施術が違う
  • 手術リスクや施術後の美しさを考えると、頬の脂肪を取るのにはイタリアンメソシェイプが向いている

Dr.高須幹弥の痩身講座

  • メール相談 お気軽にメールにてご相談ください
  • カウンセリング予約 東京・横浜・大阪院カウンセリングはオンライン予約できます。
  • 美容整形なら高須クリニック

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.