Dr.高須幹弥の痩身講座

2016年9月14日更新

ダイエットしても脇腹から背中・腰にかけての贅肉がなかなか落ちないのはなぜ?

痩身治療希望の患者様の診察でよくある、以下の質問にお答えします。

  • 30歳をすぎてから、いくらダイエットを頑張っても、脇腹から背中・腰の贅肉がなかなか落ちません。どうしたらいいでしょうか?


高須幹弥 医師

どうしてこの部分の贅肉だけが落ちないのかというと、老化によってたるんだ上半身の皮膚が腰の上に乗っかっているから。そのため、贅肉がそこについたように感じるのです。

人間の身体は、老化によって皮膚がたるみ、たるんだ皮膚は下にたまります。顔の皮膚がたるめば、頬や顎の下にたるんだ皮膚が集まり、ブルドッグのようになりますし、お尻がたるむと、お尻の上のほうの張りがなくなり、下のほうにたるみがたまります。同じように、上半身のたるみは脇腹から背中・腰にたまるのです。そのため、20代の頃と体重・体脂肪率が同じでも、その時にはなかった脇腹や背中・腰の贅肉がついているように見えてしまうのです。

この部分の贅肉は、手でつまめてしまうし、後ろから見るとズボンの上に肉が乗っている様に見えてしまうので、とても気になります。どうすることもできないのかというと、そうではありません。皮下脂肪の量に合わせて、「イタリアン・メソシェイプ」、あるいは「脂肪吸引」をすることですっきりさせることができます。

軽く手でつまめるくらいであれば、イタリアン・メソシェイプを1クール(2週間以上をあけて6回)すれば、すっきりさせることができます。脂肪が大量についている場合は脂肪吸引でしっかり取ってしまえば、かなりすっきりさせることができます。また、この部位の皮膚は厚いので、よほどたるんでいる人以外は、脂肪吸引で大量に脂肪をとっても皮膚がたるんだりすることはまずありません。

このコラムのポイント

  • 脇腹、背中、腰の贅肉が落ちないのは、ただの脂肪ではなくたるみの可能性がある
  • ついている脂肪の量によって、「脂肪吸引」と「イタリアン・メソシェイプ」を使い分ける

Dr.高須幹弥の痩身講座

  • メール相談 お気軽にメールにてご相談ください
  • カウンセリング予約 東京・横浜・大阪院カウンセリングはオンライン予約できます。
  • 美容整形なら高須クリニック

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.