Dr.高須幹弥の痩身講座

2017年11月15日更新

ダイエットを予定しています。脂肪吸引や脂肪溶解注射をするなら、痩せる前?痩せた後?

脂肪吸引や脂肪溶解注射(イタリアンメソシェイプ)などの痩身治療をご希望される患者様は、同時にダイエットも考えていらっしゃる方が多いです。
ダイエットをすることで全体的にスリムになり、特に脂肪が多い部分をクリニックの施術でスッキリさせたいというご希望です。
その際によく聞かれることが、「脂肪吸引や脂肪溶解注射は、ダイエット前と後、どちらにしたほうが良いでしょうか」というご質問です。
なるほど、とても重要な質問ですね。ダイエット前とダイエットの後、一体どちらに施術をすると良いのでしょうか。

医師としてはダイエット後がおすすめです


高須幹弥 医師

私個人の考えとしては、ダイエットの後に脂肪吸引や脂肪溶解注射(イタリアンメソシェイプ)をされるのが一番よいと考えます。
なぜなら、気になる部分の脂肪を減らすだけで、グッとプロポーションがよくなり、場合によってはダイエットをする必要がなくなるケースもあるからです。

それは数少ないケースとしても、まずはダイエットで身体を絞り、それでも気になる部分や、どうしても落としきれない脂肪をクリニックの施術で落とすのが美しいプロポーションを作る近道でしょう。

しかし、ダイエット前に脂肪を減らすメリットもあります

では、絶対そうしたほうがよいかというと、必ずしもそうとは言い切れません。実はダイエットの前に脂肪を減らすメリットもあります。
一番の理由は、ダイエットに対するモチベーションの向上です。

生活習慣を整え、食事制限や運動を続けて脂肪を燃焼させ全身を引き締めるには、大変な努力と精神力を要します。
しかし、最初に脂肪吸引や脂肪溶解注射である程度の脂肪を減らせば、それが励みになって、今まで失敗続きだったダイエットを継続して頑張るようになる方も多いです。
また、お腹や腰周り・太腿の内側の脂肪をすっきりさせると、脂肪が減った分からだが軽くて動きやすくなった、膝の負担がなくなって運動が楽しくなった、という声も多数いただいています。

このように、痩せるきっかけになるという意味で、ダイエット前に痩身治療をすると良い結果に繋がる例もたくさんあるのです。

以上のことから、どちらがよいとは完全には断言できません。
ダイエットの前に脂肪を減らして成功の足掛かりにしても良いですし、身体を絞った後でよりよいプロポーションになるために仕上げとして痩身治療をするのでも、ご自分の目標や性格に合ったほうで良いと考えます。

痩身治療をした部位は今後太りにくくなります

痩身治療に関して、行うのはダイエットの前でも後でもかまわないのですが、ひとつ覚えておいていただきたいことがあります。
それは、脂肪吸引や脂肪溶解注射などの痩身治療をすれば、その部位の脂肪細胞の数が減るということです。

もし自力でダイエットをできるとしても、痩身治療をしておけばその部分は今後太りにくくなります。さらに治療の後に太ることがあっても、以前よりは確実に細い、というメリットがあることを覚えておきましょう。
以上のことから、昔から脂肪がつきやすい部位や、一部分だけアンバランスに脂肪がついているところには脂肪吸引や脂肪溶解注射をおすすめいたします。

ただし、だからといっていくら食べても太らないという意味ではないので、痩身治療で脂肪細胞を減らす以外にも、適度な運動や食事でいつまでも健康的なプロポーションを維持することを心がけましょう。

まとめ

  1. 全身の脂肪が多い方は、ダイエット前に痩身治療をして、モチベーションのアップや運動しやすい身体にすると良いでしょう
  2. 強い意志で先に痩せられる! という方は、ダイエットをした後で、気になる部位に痩身治療の流れがおすすめです
  3. どちらでも構いませんが、ダイエットをするなら、施術をした後も体型を維持できるような運動や食生活を心がけましょう

Dr.高須幹弥の痩身講座

  • メール相談 お気軽にメールにてご相談ください
  • カウンセリング予約 東京・横浜・大阪院カウンセリングはオンライン予約できます。
  • 美容整形なら高須クリニック

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.