ホホ・顔のコケ、クボミ(脂肪吸引の知識)

頬がこけていると、病弱で年齢より老けた印象を与えてしまいがちです。そこで、脂肪吸引の技術を応用して頬をふっくらとさせる施術「脂肪注入法」が開発されました。自分の脂肪を注入するので拒否反応もなく、とても安全な施術です。

脂肪注入「顔のコケ、クボミ」

頬に注入する脂肪は、一般的に太ももやお腹などの、余分な脂肪がつきやすい箇所から採取することが多いです。頬の注入に必要な分だけの採取なので、脂肪採取によってその部分が痩せるということはありません。

施術時間は1時間程度で、手術後すぐにメイク可能。1~2週間のダウンタイムを経れば、頬が落ち着いてきます。
自分の余分な脂肪細胞を使用するので自然なままボリュームが保たれるのが特長です。

症例のご紹介

■頬をふっくら ヒアルロン酸


高須幹弥医師からのコメント
20代女性の患者様で、頬骨の下が窪んで痩けているのを気にされて来院されました。
ヒアルロン酸を約1ccずつ窪んでいる部分に注入しました。
注入後は窪んでいた部分が適度にふっくらしました。
頬頬の下が窪んで痩けていると、貧相な顔に見えたり、頬頬が出っ張って見えます。
ヒアルロン酸注射で窪んでいる部分を平らにすると、若々しい元気な顔に見えるし、頬骨が出っ張っているのが目立たなくなります。
この方のように、注入する量が多すぎなければ、注入して顔が大きく見えることはまずありません。
■頬をふっくら ヒアルロン酸



高須幹弥医師からのコメント
20代男性の患者様で、頬が痩けて貧弱に見えるのが悩みで来院されました。
かなり痩けていたので、ヒアルロン酸を左右の頬に5ccずつ合計10cc注射しました。
注射後は痩けていた頬が程よくふっくらして、健康的な顔になりました。
(この方のように頬の痩けが強い方には、頬専用のヒアルロン酸を10cc315000円で注射させていただいております。このヒアルロンは頬、こめかみ専用の粒子が粗いものなので、頬やこめかみ以外に注射することはできません。)
■頬をふっくら ヒアルロン酸


清水弘己医師からのコメント
こけている頬をふっくらさせたいというご希望で、頬と法令線にヒアルロン酸を8本注入。頬がふっくらすると同時に、ヒアルロン酸のみずみずしさも加わり、肌のきめも細やかに。若返り効果も抜群です。
■頬をふっくら 頬とこめかみに脂肪注入


高須幹弥医師からのコメント
痩せているために、落ち窪んでいたこめかみと頬。頬骨が目立ち、やつれて見られるのが気になっていた方です。脂肪を注入したことで頬骨が目立たなくなり、イキイキとした表情を取り戻しました。
頬骨が目立っているから、頬を削るというのは短絡的すぎますね。大きな手術をしなくても、ご覧のように悩みは改善できるのです。また、脂肪を注入することによって肌にハリが出てたるみも目立たなくなります。顔面脂肪注入には総合的な若返り効果もあるので、おススメですよ。
■頬をふっくら 脂肪注入


谷奈保紀医師からのコメント
こけている頬をふっくらさせたいという希望で、頬に脂肪注入を行いました。脂肪注入は、自分の脂肪を注入するため、肌にも馴染みやすく、自然に仕上がります。施術により、頬がふっくらし、肌にもハリが出てきました。
▲高須クリニックにおまかせ
技術進歩の激しい美容整形医療。新たな技術は、まず高須院長が自らの顔を手術することで、その安全性や効果を確認しています。各国で開かれる美容外科学会に欠かさず出席し、常に新しい情報、設備を取り入れ、より信頼のできるものを導入、素材の品質にもこだわって信じられるものだけを使用しています。一人ひとりにベストなキレイを実現するため、どこまでも最善を尽くしています。

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.