麻酔と痛み(脂肪吸引の知識)

麻酔が必要となる脂肪吸引の施術。適切に麻酔を行い、執刀医が施術に集中できる環境を作り、痛みのコントロールをするなど、施術全体の安全性を確保するために麻酔医の果たす役割はとても大きいのです。クリニックに専門の麻酔医がいるかどうかは事前に確認しておきましょう。

手術について「麻酔」

全身麻酔
広い範囲の脂肪吸引を行う場合です。長い時間眠った状態になります。体への負担はやや大きな麻酔方法ですが、痛みや施術中の恐怖感がなくなるというメリットがあります。
局所麻酔
多くの脂肪吸引施術で広く使われます。通常、吸引を行う部位に麻酔をします。麻酔液には脂肪を柔らかくする効果もあり、また、出血を抑える薬品も入っているので、スムーズに脂肪吸引を行うのを助けます。
硬膜外麻酔
下半身の脂肪吸引の際によく使用されます。麻酔をする位置は脊椎のあたりの神経です。この麻酔は無痛分娩のときなどにも利用されます。意識を保ったままで痛みをとることができる点、施術後の鎮痛法としても役立つ点など、とても優れた麻酔方法だとされています。
静脈麻酔
一時的な睡眠状態を生み出したりします。その眠気は、浅いものから深いものまでいろいろです。点滴によって薬剤を注入します。通常、施術範囲が狭い場合に使用し、患者の不安を和らげたりする効果もあります。他の麻酔と併用する場合がほとんどです。
▲高須クリニックにおまかせ
技術進歩の激しい美容整形医療。新たな技術は、まず高須院長が自らの顔を手術することで、その安全性や効果を確認しています。各国で開かれる美容外科学会に欠かさず出席し、常に新しい情報、設備を取り入れ、より信頼のできるものを導入、素材の品質にもこだわって信じられるものだけを使用しています。一人ひとりにベストなキレイを実現するため、どこまでも最善を尽くしています。

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.