手術の仕組(脂肪吸引の知識)

現在では代表的な方法だけでも数種類ある脂肪吸引施術の基本的な仕組みを紹介します。

手術について「仕組み」

脂肪吸引の施術では、患者がサイズダウンしたい部分の脂肪細胞を吸い出して取り除きます。施術の主役となるのがカニューレという細い吸引管。カニューレの先端にはいくつかの穴があります。とても細い医療用の管なのですが、皮膚に開けたごく小さい穴(数ミリ)から広い範囲の脂肪を吸引することができます。

人間の脂肪には内臓脂肪や皮下脂肪などがありますが、脂肪吸引で取り除くのは皮下脂肪です。目的の皮下脂肪を、カニューレに脂肪吸引機などにより陰圧(密閉された容器の内部が外部より圧力が低い状態。吸引する力が生まれる)をかけて吸入する、これが脂肪吸入の仕組みです。

この仕組みを基本として、「より痛み軽くする方法」、「より脂肪を効率よく吸引する方法」、「患者の体調に合う方法」などの選択肢の中から、一番適した施術方法を選びます。例えば、「より効率よく吸引する」ために、脂肪を柔らかくしてから吸引する方法がありますし、「より痛みを軽くする」ために適切な麻酔法を選ぶことができます。

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.