まぶた、頬、顎の脂肪吸引

顔の脂肪吸引の目的は、顔のラインをすっきりさせる、できるだけ「小顔」に見せるというものです。そのためには、やはり頬やアゴの脂肪を取り除 く施術が効果的です。

施術風景
▲顔の脂肪吸引の診察風景

部位別の脂肪吸引「顔」

吸引後に緩んだ皮膚を定着させながら、徐々に引き締まり違和感がなくなってきます。
場所が顔なだけに、どこから吸引するかが気になりますが、最先端の極細のカニューレで、耳の後ろ、鼻の穴などから吸引をします。顎の場合は、顎の下などから吸引をします。

手術の時間は短く、傷跡もほとんど残りません。術後数日~1週間ほどは専用のフェイスマスクなどでしっかりと圧迫します。手術後に多少の腫れは出てきますが、徐々にわからなくなってきます。傷跡が目立つ恐れもなく小顔になり、満足度の高いメニューです。

まぶた、頬、顎の脂肪吸引の腫れについて

■【手術動画】顔の脂肪吸引:手術直後の腫れている映像

高須クリニック名古屋院院長高須幹弥医師の手術を撮影しています。顔(頬~フェイスライン~二重あご)を脂肪吸引した手術直後の腫れている映像です。術後の経過、痛み、傷跡、効果、ダウンタイムについても解説しています。

まぶた、頬、顎の脂肪吸引の術後の経過について

■【経過解説動画】顔の脂肪吸引:術後1週間経過の映像

頬~フェイスライン~二重あごの贅肉を取った女性の経過を、手術を行った高須クリニック名古屋院院長高須幹弥医師が解説しています。顔の脂肪吸引の術後1週間の経過、腫れ、経過、効果、痛み、ダウンタイムについて解説します。

症例写真

■頬、フェイスライン、二重顎の脂肪吸引をして小顔になった症例写真
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、小顔にしたいというご要望で来院されました。
診察させていただいたところ、やや頬骨が横に張っていて、顎もやや長い骨格をしていました。
また、顔全体に皮下脂肪がついていて、特に頬、フェイスライン、顎下に脂肪の厚みがあり、顎を引くと二重顎になる状態でした。
まずは脂肪を除去し、二重顎も改善させたいというご希望でしたので、脂肪吸引をすることになりました。
脂肪吸引はウェットメソッドに準じてチュームセントテクニックを用いて行いました。
左右の耳たぶの付け根と首のサイドに3mm程度の小さい切開をし、1.6mmのマイクロカニューレでマルチプルサクションしました。
トータルで約120ccの純粋な皮下脂肪を吸引することができました。
術後は、フェイスラインがシャープにになって、全体的に小顔になりました。
また、顎下の皮下脂肪が減ったため、顎を引いても二重顎になりにくくなりました。
この患者様くらい顔に大量の皮下脂肪がついている場合、脂肪吸引をお勧めすることが多いです。
小顔専用の腫れない脂肪溶解注射のメソシェイプフェイスで同じ結果を出すことも可能ですが、15~20回くらい行う必要があります。

■脂肪吸引(スムースライポサクション法) ほほ、あご下


服部良光医師からのコメント
下膨れと二重あごのため、年齢よりもかなり老けて見える方でした。家族や職場の仲間からも、「すっかり若返ったね。きれいになったね」と言われるそうです。術後1週間ほどは軽い腫れがありますが、顔の脂肪吸引は効果実感が高いので、おススメですよ。
■40代女性のたるんでいる顔に、頬、顎下の脂肪吸引をした症例写真


服部良光医師からのコメント
40代女性の患者様で、頬の脂肪を取って小顔になりたいというご要望でした。
診察させていただいたところ、年齢相応に顔がたるんでおり、フェイスラインが綺麗ではありませんでした。
また、顔全体に皮下脂肪が付いているため、脂肪の重みにより、余計にたるんでいました。
患者様は、とにかく余分な贅肉を取ってすっきりさせたいというご要望だったので、頬~フェイスライン~顎下の二重顎の部分の皮下脂肪を脂肪吸引することになりました。
耳たぶの付け根と首に約2mmの小さい皮膚切開をし、直径1.6mmの極細カニューラで丁寧に余分な皮下脂肪を吸引しました。
術後は頬~フェイスライン、顎下の余分な贅肉がほどよくなくなったことによって、フェイスラインがシャープになり、小顔になりました。
また、皮膚のたるみの中の皮下脂肪を吸引して除去したことにより、たるみも改善し、患者様には大変満足していただきました。
その他の施術方法「リポレーザー」
二重あごや二の腕など、部分的についた脂肪に威力を発揮します。脂肪細胞そのものを除去し、リバウンドの少ない施術法です。レーザーによって皮膚のコラーゲンが収縮・活性化するので、リフトアップ効果も期待できます。
リポレーザーについて
▲高須クリニックにおまかせ
技術進歩の激しい美容整形医療。新たな技術は、まず高須院長が自らの顔を手術することで、その安全性や効果を確認しています。各国で開かれる美容外科学会に欠かさず出席し、常に新しい情報、設備を取り入れ、より信頼のできるものを導入、素材の品質にもこだわって信じられるものだけを使用しています。一人ひとりにベストなキレイを実現するため、どこまでも最善を尽くしています。

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.