腹、ウエスト、おなかの脂肪吸引

脂肪で気になるのは何と言っても「おなか」。けれどおなかの脂肪吸引は、範囲が広いだけに大きな施術となる場合が多いのです。おなかのどこを脂肪吸引するか、一箇所だけか、複数の箇所か、などの条件によって施術の規模(時間・費用・アフターケアの期間)が違ってきます。

部位別の脂肪吸引「おなか」

麻酔は全身麻酔で対応することが多いようです。施術範囲は上腹部・下腹部・ウエスト・腰周りというように分けています。その中のどの部分を脂肪吸引するか(おなか全体か、その一部か)は、患者の状態を見て決めます。特におなかの脂肪吸引は内臓脂肪との関連もあります。おなかが出ている原因が内臓脂肪であれば、脂肪吸引で取り除くことはできません。

範囲が狭い場合は施術時間は短くてすみますが、範囲が広くなると時間が長くなることもあるでしょう。術後は腫れや内出血も見られますが、腫れは1週間ほど、内出血も徐々に収まってきます。術後はガードルなどで一定期間固定します。何度かの通院と定期検査が必要となり、効果が定着してくるのは、2〜3ヵ月後、またはそれ以上の場合もあります。なお、これらの時期は、施術の方法や、患者の症状、状態によって違います。

腹、ウエスト、おなかの脂肪吸引の腫れについて

■【手術動画】お腹前面(上腹部、下腹部)脂肪吸引:手術直後の腫れている映像

お腹前面(上腹部、下腹部)を脂肪吸引した手術直後の腫れている映像です。

■【手術動画】背中、ウエスト、腰の脂肪吸引:手術直後の腫れている映像

背中、ウエスト、腰を脂肪吸引した手術直後の腫れている映像です。

その他の施術方法「イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射」
脂肪をためにくい体質を目指している人にはおすすめの治療法。トリガー式注射器を使って、高脂血症治療に使われていた薬剤とアミノ酸、ビタミン剤をブレンドしたものを注入し、自然なダウンサイズをしていくのがイタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射です。
イタリアン・メソシェイプ(イタリアンメソセラピー)・脂肪溶解注射について

メニューへ戻る

ページTOPへ

Copyright © Neos Corporation All Rights Reserved.